検索
  • minmin

2021,5/20~5/25の更新

こんにちは、minminです。

日々の更新が難しかったので、1週間分まとめてupしました。

お写真も盛り沢山ですので、真面目に海の情報をお伝えしたいと思います。


梅雨真っただ中の奄美大島。

お天気は前線の動きで雨が降ったり止んだり土砂降りだったり。

風が吹いたり止んだり、風向きもコロコロ変わります。

水温まで24℃に上がってきて喜んでいたら、また22℃に下がったり。

振り回されてばっかりですね。

良い方向に予報が外れてお日様が見えたりするのは嬉しいです。


東シナ海の外海に出るチャンスもありましたが、今回はゲストのリクエストにお応えして

湾内のポイントをじっくりご案内させて頂きました。


水温が上がってきたおかげか、事前の調査ダイブでは見かけることの少なかった生き物も

ご紹介できました。

Photo by A.I

Photo by N.H

昨年から観察しているジョーフィッシュ(多分ホシカゲアゴアマダイです)

お家のフタが閉まっている時にフタを外すと「今はその時ではない」とばかりに

お口で石を咥えて再びフタをする仕草が可愛くて、ついついイタズラしちゃいます。

Photo by A.I

普段は穴の中に隠れてあまり見ることのないアナエビの仲間。

好物の海藻が目の前にあるとその姿をハッキリ見せてくれます。

なので穴の前にチラつかせてやるとこの通り。笑

器用にハサミで切り取って、持って帰られてしまいます。

長い時間遊んでしまいました。


アマミホシゾラフグのミステリーサークルも見に行っています。

先週頑張って卵を守っていた子とはまた別の子のサークルです。

Photo by N.H

タイミング的には完成、産卵前後のベストタイミングな潮回りだったはずなのですが

フグの姿を観察することができませんでした。

なので今回はサークルだけ記念撮影。


ボートに戻ると、水面にありえないくらいクラゲが集まっていたことも。

Photo by N.H

沢山いるこのクラゲは毒もないので安心ですが、中に他のも混じっていないか心配でした。

浮遊系の珍しいお魚もいるんじゃないかと見ていましたが、見れたのは色んな種類のクラゲだけでした。笑


クラゲだけでなくアオリイカのチビちゃんなんかも集まったりします。

Photo by A.I


アカメハゼのリクエストがありましたので、湾の奥の方にあるポイントでもじっくり

潜ったりしました。

めっちゃちっこい子の数が増えてきました。

Photo by N.H

ゲストの方が見つけたキイロサンゴハゼは卵を守っていました。

大潮も近いのでもうすぐハッチアウトですね!

Photo by N.H


ニシキテグリ狙いのサンセットダイブにも行っています。

そろそろ産卵が始まっても良さそうなのですが、この日は見られなかったです。


週末にいらっしゃったゲストの皆さま、どうもありがとうございました!!

それでは次回の更新もお楽しみにー!!

閲覧数:214回0件のコメント

最新記事

すべて表示